前へ
次へ

今後予測される賃貸管理

人口の減少が囁かれる中で、賃貸管理に関連する業界は潤っています。
高齢になってから、戸建てからマンションに住み替える人は今後も増え続ける見込みがあるからでしょう。
賃貸マンションはフラットな空間が特徴ですから、老若男女問わず、安全に暮らせる点や、収集日や時間を気にせずにゴミ出しができる便利さ、オートロックのシステム、オール電化などのシステムの普及による快適さがあります。
また、建物としてもマンションは地震に意外に強いものですし、震災などでは賃貸管理組合が素早く動き、その時の状況報告や水の配給についてなどの広報活動がしっかりしていた話も耳にします。
高齢者でも共働き世帯にとっても、今後の自然災害の不安もあるため、『寄り添い合いながら』という助け合いで、賃貸マンションを選ぶ時代なのかもしれません。
ですから、賃貸管理においては建物の老朽化が課題になるのではないでしょうか。
10年後を予測する、そうした計画的な準備ができます。
いつ地震が起こるのかは予測すら難しいものの、現に建っている建物は突然古くはなりませんから、修繕計画は必要なのでしょう。

Page Top